02
2
5
6
7
10
12
13
14
15
18
19
22
23
24
25
26
27
28
   

~議案(予算案)を見ながら 聴かせて!言わせて!~

3月定例月議会が、あす22日(木)から始まります。
来年度一年間の税金の使い方を決める予算特別委員会もあり、とりわけ重要な議会です。

毎定例月議会後に開催している「ふじえの活動報告 聴かせて!言わせて!」は、議会で決まったことの報告&意見交換を主に実施しています。
参加してくださった方からのご要望もあり、今回は議会で決まる前に市民のみなさんのご意見を伺い、それを直後に控えている委員会の審査に活かそう、という初の試みで開催します。
ぜひ、ご参加ください。

 日にち  3月10日(土)
       午前9時30分~12時
 場 所  ふじえ真理子事務所

※内容は、来年度予定している新規事業や主な事業について、みんなでワイワイ予算チェック。当日の時間(2時間半)は限られていますが、「まずはやってみる」ことで次につなげていきたいと考えています。

※2月21~22日にかけて、上記のご案内も含めた「たんぽぽ通信NO31(ミニ版)」が新聞折込みされます(豊明市内)。A4サイズでいつもより小さい紙ですが、緑色は同じです。

ーーーーー
きょう21日は小学校での読み聞かせをしてから市役所へ。
2年生の担当。楽しみです。



スポンサーサイト

千年希望の丘

元岩沼市長井口氏
宮城県岩沼市へ、豊明市から職員が毎年派遣されています。
岩沼市の元市長 井口経明さんのお話が聴けるということで先日、長久手市へ行ってきました。
東日本大震災後、震災の記憶を忘れず、命を守る防潮堤をということで、岩沼市沿岸部10㎞にわたって造られた人工の丘(千年希望の丘)があります。
防潮林となる苗木の植樹が多くの人たちによって毎年行われ、私も数年前に現地で植樹しました。コンクリートの防潮堤だと100年しかもたないけれど、常緑広葉樹からなる緑の丘は千年もつ、という考えからです。また、その丘には、津波によって流されたがれきも埋められており、鎮魂の意味も込められています。こうした丘の整備は、井口元市長の発案です。

震災当時、市長であった井口氏の話からは、緊急事態におけるスピード感の重要性、トップランナーとして国との粘り強い折衝、海と山のつながり、人のつながり、震災に備えることの意味(減災)、行政の役割、行政トップの役割…うなずける部分がいっぱいありました。井口元市長のお話を聞くのは2回目でしたが、歯に衣着せぬ話しぶりは多くの聴衆を惹きつけていました(主催はNPO法人どんぐりモンゴリ)。

受付では、絵本の販売もあり、手に取ってみると読んでみたい!読み聞かせにも使える!と思い、また被災地へのカンパにもなるということなので1冊購入しました。
絵本




恩送り

どうしても困ったときに、助けてくれた人がいた。
初対面だったけれど、神さまのように思えた。
もう会うことはないかもしれないけれど、
本当にありがとう。

“恩送り”という言葉を思い出させてくれる人だった。

〈恩送り〉
誰かからいただいた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。そうやって「恩」が世の中をぐるぐるまわってゆくこと。

どんな小さなことでもいい。
あっちでもこっちでも恩送りがなされている、そんなまち(地域)であったら、ずっとここに住みたくなる。外は冷たく強い風が吹き荒れているけれど、日常の中にある、心がポッとあたたかくなるような人との交わりに感謝!




もうすぐ3月定例月議会

来週22日から始まる3月定例月議会。
補正予算など審議される議案が配られ、平成30年度の分厚い予算書、当初予算の概要などの資料も手元にあります。

きょう16日正午には代表質問の通告書受付けが締め切られました。
個人質問は14人がすでに通告書を提出しています。
日程等は19日(月)の議会運営委員会で正式に決定します。

配られた当初予算の概要をみると、
一般会計の総額は199億6,000万円で過去最大規模。
5年前に比べると、当初予算ベースで21億円の増。
特別会計(国民健康保険、下水道事業、介護保険、墓園事業など9つある)もあわせると、豊明市全体の予算総額は337億3,090万円。

歳出全体に占める民生費(福祉関係)の割合が、この5年間で39.8%➔44.2% と膨れあがっています。  

詳細はこれからチェックしていくわけですが、人口や税収がどんどん増えていた時代と違い、新しく何かを始めようとすれば何かをやめたり削減したりしなければまわっていきません。●●や△△でなく、なぜ☆☆を優先させて予算計上したのかという説明がしっかりなされなければなりません。

あっという間に春がやって来そうな勢いで時間が過ぎていきます。


大根区ジョギング・ウォーキングと餅つき大会

きょう11日は、ご案内いただいていた
「大根区 ジョギング・ウォーキングと餅つき大会」に初参加。
議長の代わりに挨拶をさせていただきました。
準備運動(ラジオ体操)のあと、区民の皆さんとジョギングスタート!
伏屋教育長も一緒に汗をかきました。
冷たい風が心地よく、
元気な小学生たちが追い抜いていきました(^_^;)
今年で35年目になる行事だそうです。
地元の鵜飼議員は“餅つき”で活躍されていました。

「継続は力なり」で、こうした積み重ねが地域の安心安全な暮らし、助け合いの地域力を高めていくのだと思います。
後藤区長さんから、区の現況や抱える課題についてもいろいろとお話を伺いました。
関係する役員のみなさん方、前日また当日早朝からの準備~後片付け等々、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

つきたてのお餅&豚汁、とても美味しかったです。
(ちゃんとカロリー消費したあとだから…笑(^o^))

プロフィール

ふじえ真理子

Author:ふじえ真理子
ふじえ真理子は、いつも『男前でありたい』と思っています。
私が考える『男前』とは…
「自分で考えて決めたことは、潔く行動し、どんな結果であれ、自分で受け止め、責任をもって対処すること」です。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示