08
1
2
3
4
5
6
7
9
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

本の紹介『憲法主義』

8月に読んだ本の中から…

『憲法主義』~条文には書かれていない本質~ 
内山奈月(AKB48)
南野 森(九州大学教授)
PHP研究所
DSC00708.jpg
~もくじ~
第1講 憲法とは何か?
第2講 人権と立憲主義
第3講 国民主権と選挙
第4講 内閣と違憲審査制
第5講 憲法の変化と未来

もう読まれた方もいらっしゃるかと思いますが、対話形式で読みやすく「そういうことなんだぁ」と今更ながら再認識する部分も。
末尾には、より深く学びたい人向けに文献ガイドが付いています。

私が最初に“憲法”の意味(存在)を教えられたのは学校の社会科の授業だったとおもう。
あれから30年(?)ほどたち、この本を読んでみると日々の仕事や生活の場面場面に照らし合わせてみることで、より具体的に“憲法”の存在の大きさ・重みを感じます。
議員としていやその前に人として、判断に迷ったときは憲法にまで立ち戻って考えてみると方向性が見えてくるのかも…と思えます。
著者の南野氏が書いた“まえがき”の冒頭
「日本国憲法の条文を暗記している現役高校生アイドルがいると聞かされたのは、昨年7月末のことだった。(略)」
で始まり、最後まで一気に読んでしまいまいた。

読む読まないは本人の自由判断ですが、高校生の息子にもぜひ読ませたいなと思い、さりげなく目につく場所にこの本を置いておくことにしました。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ふじえ真理子

Author:ふじえ真理子
ふじえ真理子は、いつも『男前でありたい』と思っています。
私が考える『男前』とは…
「自分で考えて決めたことは、潔く行動し、どんな結果であれ、自分で受け止め、責任をもって対処すること」です。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示