06
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

とよあけ男女共同参画フェスタ

昨年10月に予定されていましたが、突然の衆院解散選挙(会場の都合)で延期となっていた「とよあけ男女共同参画フェスタ」が、きのう3日午後、豊明勤労会館で開催されました。
本来であれば来賓で議長があいさつするところですが、急きょ前日になって議長の用事が重なり、代理出席であいさつさせていただくことになりました。

市長のあいさつで「LGBTともに生きる宣言」のことを触れられたのでそれを受けて、自分に引き寄せて「子育て」の例を出してお話しました。

理解しあうこと=男女共同参画社会をつくっていくことだとわたしは考えています。
男女に対する偏見だけでなく、LGBT、障がいの有無、認知症等々、自分(家族)や親しい人に置き換えて当事者の気持ちを想像できる、受け止められる社会であればどんなに生きやすいことか。
そのためには、本を読んだり研修を受けたりすることから更に一歩すすめて、学校や地域や家庭や職場といった実生活の中で直接触れあうことでお互いの理解が深まっていくのだと思います。
普段からそうした少しの「意識」と少しの「勇気」をもってわたしたちが日々生活していくことが、豊かで明るい、文字通りの「豊明のまち」につながっていくと思いますし、議会としてもバックアップしていけたらと思っています。

会場では、男女共同参画 川柳・標語(応募者数3,243名)の入賞者10名の方々が表彰されました。入賞作品はどれも短い言葉に意味の深い大切な想いが込められています。今後、広報などに掲載されていくそうです。
その後、映画「彼らが本気で編むときは、」の上映会もありました。

このフェスタに、参加された方一人ひとりが立ち止まって考える機会になったのではないでしょうか。主催者(市民協働課)と豊明男女共同参画懇話会のみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。

フェスた
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

ふじえ真理子

Author:ふじえ真理子
ふじえ真理子は、いつも『男前でありたい』と思っています。
私が考える『男前』とは…
「自分で考えて決めたことは、潔く行動し、どんな結果であれ、自分で受け止め、責任をもって対処すること」です。

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示